ひと編。(仮)

三番町ではたらく編集部のささやかな有志ブログ。永遠のβ版。
start 藤井貴志のブログ 柳沼俊宏のブログ nishiのブログ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RSS Feed
スポンサードリンク

PHOTO by Flickr
TAG CLOUD
    
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
SEARCH
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< タイトル画像変更 | main | da Vinciには見向きもせず >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - |

ブックマークに追加する

今日の、気分は?
自分に、ときどき問いかけていることがある。
「いま、僕は攻めているか?」
ものごとへの、仕事への姿勢の話。

“いま”が漠としているのなら“今日”でもかまわない。
「今日は、攻めたか?」

この問いかけを、くり返す。

みなさんは、どうでしょうか?
ものごとには攻めと守りの両面があり、
ともに大事なことだというのは、言われなくてもわかっている。

それでも、あえて言いたい。

“ものを考える”“ものを創る”生業では、
前へ前へと足をすすめることだけが発展と成長の生命線だ、と。

まずは思いっきり、前に飛び出してみる。
まわりが「まぁ、待てよ」と言いたくなるくらいに。

自分には、それができているだろうか?

思いきって攻めに転じられない自分を認めたくないあまり、
転嫁できる原因をまわりに求めていないだろうか?

たとえどんなストレスや不満があったとしても、
この仕事において、現状打破のいちばんの策は
“おもしろいことを考える”ことに尽きる。

“いい企画”をストップできる人間など、
どこにもいないはずだからね。

もうひとつ言えば、ゼロからものを考えることに
先輩や上司なんて関係ない。
アイディアがすべて。下克上の世界。

会社のため、チームのため……、
なんてことは重荷であれば忘れてもかまわない。
自分のために、“おもしろいこと”を考えよう。

それを大きな声で叫びつづければ、
かならず誰かに届くものです。

明日からの3連休、僕たちの編集部では
ある課題に対する
おもしろさの具体策を考えるのが宿題。
みんな、がんばろう。

#追伸
先日、編集部の稲葉くんがつくった本
わりと大規模な増刷が決まった。
おめでとう。
| fujii-t | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | 仕事の話 |

ブックマークに追加する

スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:21 | - | - | - |

ブックマークに追加する










url: http://editors.jugem.jp/trackback/78