ひと編。(仮)

三番町ではたらく編集部のささやかな有志ブログ。永遠のβ版。
start 藤井貴志のブログ 柳沼俊宏のブログ nishiのブログ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RSS Feed
スポンサードリンク

PHOTO by Flickr
TAG CLOUD
    
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
SEARCH
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 10年の重み | main | new iPod nano & nike sports kit >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - |

ブックマークに追加する

「企画」してる?
こと、編集者の企画にもいろいろあって
何を作るか」という“新しく事を興す”企画もあれば、
“すでにあるもの”を「どう作るか」という企画もある。

人によっては、「何を作るか?」という“企画”には
興味がない、あるいは得意じゃないという人もいるだろう。
それはそれで、ぜんぜんいい、と思う。人それぞれだし、
なにも、新しいものを作ることだけが企画ではない。

何を作るか」と同様に
どう作るか」も大事なこと。

ただ、ぼくは「何を作るか」こそが
企画の仕事でいちばんおもしろいところだと思っている。

なので、「新しいものを作ることだけが企画ではない(「どう作るか」だけを考える人も大切)」とわかっちゃいるけど、やっぱりぼくらは「何を作るか」をとことん考えていきたいと思う。

最近、ぼくたちの編集部のアイディア会議は厳しいと言われているようだが、企画のプロとして「余人をもって代えがたい存在」になるために必要だと思うことを、ただちょっとばかり真面目にやっているだけだ。ぼくも含めてヒーヒー言いつつも、みんな本当に真剣に新しい企画の開発に取り組んでいるし、その結果、ユニークなアイディアがいくつも提案されている。

そしてこれからも、そんな志をもっている仲間を集めて、
ひとりひとりが企画のプロとしての腕をみがきながら
クリエイティブないい仕事をしていきたいと思っている。

ゼロから何かを生み出すのは
たしかにキツいし、いろんなプレッシャーもあるけど、
「自分がいなければ、この世に誕生し得なかったモノ」を作る喜びを、
ひとりでも多くの人と感じていきたい。

最後に質問。

あなたは日々、自分のリソースの何パーセントくらいを
企画(ものを考えること)に費やしていますか?
| fujii-t | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | 仕事の話 |

ブックマークに追加する

スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:41 | - | - | - |

ブックマークに追加する










url: http://editors.jugem.jp/trackback/183